SEO

Googleアナリティクスでサイトを分析してみよう

分析したデータと㍶

Googleはサイト運営者のためのサービスを様々な形で提供していますが、中でも注目度が高いのがGoogleアナリティクスです。こちらはGoogleサーチコンソールと違い、アクセス解析というサービスを提供しています。
そもそもアクセス解析とは何かというと、特定のサイトへのアクセスについての詳細や、特定のページにアクセスしてきたそのアクセスそのものの解析を行います。特に検索サイトであるGoogleは各ユーザーごとに傾向や特性を判断しており、サイト改善のためのPDCAのために工夫がなされています。

違いとしては、サーチコンソールはサイト運営者向けのサービスであるのに対して、アナリティクスは様々な方へのアクセス解析サービスを提供しています。サイト改善のための色々な情報が掲載されているので、是非チェックしてみましょう。
その最も大きなものが、行動フローです。行動フローとはサイト内でどこから来たか、どういう風にサイト内を移動したかを見る道具です。特にサイト改善のためには、どのようなキーワードで来たかはもちろん、どのようなページをめぐっていったのかをチェックしましょう。

もう一つ気にしたいのが離脱ページというものです。これは何かというと、サイト内を回遊していた人がそのサイトから離れたページが一体何かというところです。
この場合、そのページにそもそも何らかの問題がある場合もあれば、サイト内の問題やサイトの構成の問題だという場合もあるでしょう。どちらにせよ、離脱ページは他のページへの導線を作るなどの対策を適切に行えば、より長くサイトに滞在してくれる可能性を持つものです。

また、ランディングページというのもあります。これは商品を売るための長いページを指す意味もありますが、アナリティクス上ではそのサイトに利用者がたどり着いたページを指します。
そしてそのページからすぐに検索サイトに戻ることを直帰といい、この率を直帰率といいます。つまりランディングページでの直帰率が高い場合、何らかの工夫をするとサイト滞在時間が伸びるかもしれません。そのほかにもサイト改善のためにメモ機能があり、ちょっとしたメモを取れたり、チャネルによってサイト訪問者の大まかな年齢や性別が分かったりします。PDCAを適切に行うための工夫としては、他にも多くの機能があるので、メモ機能やチャネルなどを使って、適切に対策を行いましょう。