SEO

離脱させない読みやすい文章にするコツとは

黒板に書かれた「point」の文字

さて、ブログを読む人は何を期待しているのでしょうか。大体の場合は文章を読みに来ていることが多く、画像メインのサイトでもある程度文章を書くことは少なくありません。また、基本的に文章のブログは多いので、ぜひ文章を読ませるためのコツは押さえておきましょう。

まず、その最も大事なのが、文字サイズです。基本的に文字サイズは小さすぎず大きすぎないサイズというのが基本ですから、文字サイズがある程度の大きさ、特に読みやすい大きさであるように間違いなく設定してください。また、最近ではブラウザそのものの文字の大きさを指定するため、相対的な指定を行う事が多いものです。例えばCSSでの文字サイズをピクセルで絶対的に指定しないようにしましょう。

次に、定期的に改行を加える事です。同じような文章がただひたすら並ぶだけの文章では、読み手に疲れを感じさせます。その一方で、句読点の後にすべて改行が入っているのも不自然でよくありません。適切なタイミングで、定期的に改行を入れるようにしましょう。ただの文章であっても、読みやすい文章にするように工夫したいところです。特にフォントは見やすい・読みやすいものを指定し、個性的なフォントの利用は見出しやちょっとした部分にだけ、アクセントのように使ってください。行間は適切にとり、段落分けなども適切に行います。テキスト装飾は特に太字や下線・色変更などを指しますが、ここぞという時だけに使ってください。多用すると読みにくくなりますし、SEO的にもよくない場合がありますので注意しましょう。

また、文章で適切だと感じるタイミングがあれば、リストや見出しを設定するのが良いでしょう。これらにCSSで適切に装飾を入れておくと、見た目に変化があってサイトの個性を伝えられます。リストや見出しについては、個性的な装飾を加えたり、テキスト装飾を加えます。特に見出しは大事な要素です。SEOを意識するサイトの場合、基本的に見出しの内容やその中にどのようなキーワードを含めるかによってSEO対策が上手に出来るようになります。

最近ではモバイル表示を重視する傾向があり、特にスマートフォンの小さな画面でも読みやすい文章が求められています。モバイル表示でも読みやすいように、行間や段落などを工夫しましょう。

最後に校正です。誤字脱字を修正したり、表現を変更するなどの行為を校正といいます。文章を読みやすくするために必ず行いましょう。