SEO

被リンクってそんなに重要?意識したいポイントを解説

キーボードにSEOの文字

SEO対策を行いたいのであれば、ぜひ意識しておきたいのが被リンクです。
被リンクとはそもそも何かというと、別のページから貼ってもらったリンクのことで、受リンクやバックリンクなどともいいます。
特にこの場合は外部サイトや別のドメインから受けたリンクを指す場合もあるようです。

この被リンクですが、実は検索サイトはこの被リンク数を重視しており、かなり重要な評価指標として考えています。
というのも、自然なリンクや役に立つリンクは自然と注目度が高くなり、他のサイト運営者などから被リンクを受ける機会が増えるでしょう。
役に立つコンテンツだからとか、紹介したいという気持ちでリンクを貼ることが多いでしょう。
あるいは何らかのメリットがあってリンクを設定するわけですから、当然そこには意味があります。

検索サイトはそのように解釈しており、どのような被リンクを受けるかによって検索順位を変動させるようにしています。
とはいえ、どんなリンクでもいい訳ではありません。
実はリンクを自分で行う自作自演リンクをする人もいて、検索サイトはそれについての対策も当然行っています。

まず、沢山のリンクの中でも不自然な被リンクについては、正直なところ評価しません。
むしろ逆に検索順位が下がる傾向があります。
特に手動対策と呼ばれる、自分で被リンクを設定して検索順位を上昇させようとする施策は手動ペナルティとして嫌われます。
手動ペナルティが判明すると、検索順位から大きく下がったり非表示になることがありますので、自作自演のリンクはしないのに越したことはありません。

このため、基本的に検索サイトは自然な被リンクを重視します。特に役に立つコンテンツはたまにバズることがありますが、そのようなバズったことやその内容も重視しています。

また、集客のための施策についても評価をしますが、その一方で明らかにやりすぎの施策についても手動ペナルティが発生する可能性がありますので、気を付けておきましょう。

基本的にバックリンクは検索順位の評価指標ですが、そのほかにも集客のために改善しておきたいのがサイトパフォーマンスの向上です。
そもそもサイトを見やすく、出来るだけ早く表示するように気を付けておきましょう。
この場合意識したい事としては、いきなりバズるような事があったとしても、そのアクセス過多の状態に対応できるようにしておき、いつも快適にサイト閲覧が出来るようにしておきましょう。

被リンクを意識したSEO対策をするにはどんな方法がある?

中古ドメイン
被リンクを意識したSEO対策の近道には中古ドメインを使用する方法があります。
中古ドメインを使用すると被リンクの評価を受け継ぐだけではなく、インデックススピードの向上などメリットがたくさんあります。
アクセス中古ドメインというサイトでは、ドメインの販売の他に初心者に向けた中古ドメインに関する記事をブログにてアップしています。
もし中古ドメインの利用を検討する場合は、このようなサイトがあることを頭に入れとくといいでしょう。