SEO

注意したい内部リンクの貼り方と効果的な方法

SEO対策にはブログそのもののリンクの貼り方、つまり内部リンクも重要です。これはサイト内のリンクのことを指し、逆に外部から貼ってもらうリンクを外部リンクといいます。また、そのページから発するリンクを発リンクといい、自分たちのページをリンク先に指定してもらうリンクを被リンクといいます。この内部リンクが、SEO対策にも影響を与えます。特にブログの場合はシステムが自動でリンクを貼る場合もありますが、これを修正するとサイトの内容や評価が変わる可能性があるのです。

まず、リンクそのものの作りを意識しましょう。リンクはアンカーテキストと呼ばれる表示される文章と、リンク先というところから成り立ちます。他にも様々な要素を含めたり追加したりすることは出来ますが、最低限この二つが必要です。検索サイトにはクローラーと呼ばれる、サイト内を回遊してどのようなサイトかを評価するロボットがあります。クローラーはリンクがあると、その数やリンクの飛び先をチェックし、またリンクのキーワードや画像の内容を重視します。特に相対的評価を行いますので、例えばサイト内のリンクがどこかのページに集まっているとなると、特にそのリンク先のページは重要ページとして判断されます。基本的にトップページへのリンクは多くありますので、大体の場合はトップページは重要な要素と判断されるでしょう。

また、キラーページというのもあります。これは何かというと、そのページで商品を売りたいとか何らかの成果を上げたい、というようなページのことを指します。このキラーページに対しては様々な作るコツなどはありますが、やはりここも被リンクが集まるとサイト内での注目度が高いと判断され、重要ページと判断されやすくなります。このため、出来ればキラーページあてにもリンクを貼るようにしましょう。手動でリンクを設定したり、サイトバーで被リンクを設定するなどの方法でサイト内部からのリンクを得られるようにしましょう。

アンカーテキストには、実は画像も使う事が出来ます。ですが、必ずalt値にはキーワードを含めないと、SEO的に効果を発揮しませんので注意しておきましょう。相対的評価なので、出来るだけリンクの数は多いのに越したことはありませんし、また被リンクの内容をしっかり伝えられるようにalt値を設定した方が良いのです。基本的に外部リンクがSEOに効果的ではありますが、内部リンクも被リンクによって評価を左右します。工夫してみましょう。